Pages

2014年6月12日木曜日

帳票構築ノウハウ!帳票レガシーマイグレーションにまつわるお話 
~外字の移行~

こんにちは、今週の帳票ノウハウは平久井が担当します。 

ここのところレガシーマイグレーションの話がでていますので、今回もマイグレーションについてのお話しをしようと思います。

さて、いつも悩み、苦しみ、あがくのが外字の移行です。 外字の作成当時は良かれと思い外字を作成されたのだと思います。統一された形式で、且つコンパクトに帳票のヘッダをかざる外字の何とうつくしいことか。。。

ただ、私はなぜこの文字が外字なのか、いつも悩んでいるのです。
 「㌻」、「㌜」、「㌿」等(ここでは機種依存文字を表示させていますが)メインフレーム上で外字を作成しているケースが多々見受けられます。

 「頁」、「箱」、「本」等など普通の日本語です。 私が何とかします。全て私が変換します。 お願いします。平易な漢字を利用しましょう。 

マイグレーションに際しては全ての外字を調査し、不要な外字を一掃することは非常に重要なことです。 外字だけでなく帳票そのものの棚卸しも忘れないようにしましょう。 

今後、マイグレーション時に必要なちょっとした事前準備についてお伝えしていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿